国家試験の合格率から選ぶ!理学療法士専門学校

勉強に集中できる環境に身を置こう!

理学療法士試験に合格するためには、筆記試験のみならず実技試験もあるため、学校選びも重要なポイントです。合格のためには、勉強に集中できる環境であることが大事になります。そのために自分にあった学校を見つけることが重要です。

国家試験の合格率から選ぶ!理学療法士専門学校

勉強

理学療法士試験の合格率は?

理学療法士試験の合格率は、その年によってバラツキはありますが、だいたい80パーセント前後で推移しています。試験資格を得るまでには、養成校で3年間学んで、知識と技術を身につけなければいけないため、試験を受けるまでが大変になります。
試験資格を得ることができれば、合格率から考えてそんなに難しい試験ではありません。

高い就職実績のある学校を選ぶことが大切

理学療法士の養成校選びで大切なことは、試験の合格実績が高いことも大事なポイントですが、高い就職実績のある学校を選ぶことも大切になります。なぜならば、高い就職実績がある学校は、高い技術力や就職してから即戦力になれる実力を持った生徒が数多くいるということだからです。
すなわち、養成校で学んでいる期間中に、確実な知識や技術を身に着けることができる学校ということになります。

働きながら学べるプランもある

理学療養士の試験資格を得るための養成校ですが、昼間授業をして3年間で学ぶコースが一般的です。しかし、日中働いている人は学校に通うことができません。そのために、夜間部で4年間で学ぶコースがある学校も数多くあります。
働きながら理学療法士の資格をとりたい人は、養成校の夜間部で学ぶという選択肢もあるのです。

広告募集中