増加している看護医療の求人

今の日本は少子高齢化が進んでいて、老人の人口がどんどんと増えています。それに伴い、医療を受ける人も増えています。
医療を受ける患者の増加は、看護をする人がそれだけ必要ということになります。にもかかわらず、看護師の数などは絶対的に不足しています。そのために、看護医療の求人は増加しているのです。

理学療法士になるには専門学校で3年以上学ぶことが条件

男女

理学療法士になるには?

理学療法士とは、リハビリの専門家です。すなわちケガや障害などで体をうごかすことが困難な人に対して、自立した日常生活を送れるように支援をする人に与える国家資格です。
理学療法士の国家資格を取得するには、理学療法士の試験を受けて合格する必要があります。その受験資格は、養成校で3年以上学び、知識や技術を身に着けるか、作業療法士の資格を持っている人は、養成校で学ぶことが2年以上に短縮されます。

難易度が高い試験

理学療法士の試験は、1年に1回行われます。そしてその試験は、筆記試験と口述試験及び実技試験の2種類です。そのうち筆記試験は、一般問題と実地問題に分かれます。
理学療法士試験の合格率は、毎年80パーセント前後で推移していますが、試験範囲がとても広いため、難易度の高い試験です。また、合格率だけ見ると簡単な試験と思われがちですが、実際は専門学校などの養成校で専門的な知識を得ている人でないと受験できないため、簡単ではありません。

信頼できる進学支援サイトの特徴BEST5!

no.1

首都医校の進学支援サイト

首都医校は、超大手の医療系大学です。その規模は、東京、大阪、愛知の3大都市に学校を構えています。
学校には最先端の設備と実際の現場を再現した環境がありますので、知識や技術の取得には最適な場所です。また、学校をあげて資格取得をサポートしている環境があります。

no.2

臨床福祉専門学校の進学支援サイト

臨床福祉専門学校は東京都の江東区にあり、理学療法学科は昼間部が3年間で、夜間部が4年間で知識や技術を学びます。特に、解剖学と触診技術を高いレベルで学ぶことができます。
理学療法士の合格率は、昼間部、夜間部共に90パーセントを超えています。

no.3

東京衛生学園専門学校の進学支援サイト

東京衛生学園専門学校は、1979年から理学療法士の養成を始めた養成校です。古くから理学療法士の取得を推奨している学校です。そのため、広い視野をもった理学療法士を多く育てています。
資格取得には、先生が常に最新の情報を持っていますので、一人一人に適切な指導ができます。

no.4

専門学校東京医療学院の進学支援サイト

専門学校東京医療学院は、最新の実習設備や施設を持った学校です。理学療法学科の昼間部は3年間、夜間部は4年間で技術や知識を学びます。
少数精鋭なのが有名なのと、スペシャリストが育つことが有名です。また、学校の方針として、豊かな心と工夫する力を備えた人材を育てることを目標としています。

no.5

東京リハビリテーション専門学校の進学支援サイト

東京リハビリテーション専門学校は、2001年に理学療法学科が設立されています。したがって比較的新しく理学療法士の養成を始めた学校です。
実習授業では実践を学ぶことができ、即戦力、人間力、合格力を習得できる教育 プログラムを行っています。

理学療法士と作業療法士の違いを理解しよう

理学療法士は機能回復のための身体のリハビリを行う

理学療法士は、基本動作の回復や維持や悪化予防を目的としているリハビリの専門家です。その手法は、運動療法や物理療法により、患者さんが自立した日常生活を送れるように支援をすることです。あくまでも身体のサポートを行い、心のサポートまではしません。

作業療法士は社会適応のための心と身体のリハビリを行う

作業療法士は、応用動作や社会適応のための能力回復を目的としている心のリハビリの専門家です。理学療法士の行う、身体の基本動作の回復が行われた後に心のケアを行います。
その手法は、複合的動作ができるようになるために、訓練やリハビリを行います。

看護・医療への道を進みたい人への手引き

文房具

理学療法士に必要なスキルを習得するには専門学校選びが重要

理学療法士になるために、専門学校選びのポイントや必要なスキルや技術、実際にどんな仕事をするのかなどを紹介しています。また、実際に理学療法士になった人の大変だったことや嬉しかったことなどの経験談も紹介しています。

READ MORE
勉強

国家試験の合格率から選ぶ!理学療法士専門学校

理学療法士試験の合格率や合格するための環境選びを紹介しています。そして、理学療法士の養成校選びのポイントや就職するために必要な技術の紹介、さらに働きながらでも通える養成校のコースやプランを紹介しています。

READ MORE

[PR]柔道整復師を目指す
入学案内を調べておこう

[PR]医師事務作業補助の講座
スムーズに治療できる環境!

[PR]放射線技師は大学で習おう♪
将来役立つ資格が取れる!

[PR]理学療法士の専門学校を厳選紹介
学校選びのコツをcheck☆

広告募集中